空手を始める

20歳の時に、空手を始めました。空手は、試合ルールや練習方法が多種多彩であり、数多くの流派があります。私が始めたのは、いわゆるフルコンタクト空手といわれるものでした。股間を守るノーファールカップ以外は、一切の防具を身に付けず、素手素足で殴り合うものです。そして、試合のルールでは、手による顔面攻撃は禁止されています。一切の掴みや投げ、寝技は禁止され、倒れた相手への攻撃も禁止されているシンプルなものです。

現在でこそ、素手に近い薄いグローブを着用して、手による顔面攻撃や掴み、投げ、寝技も認められた空手が有名になっていますが、当時としては、この流派の試合ルールは、「過激なルール」といわれていました。試合では、素手で手加減なしに相手の体を殴るので、当然ながら青あざができます。運が悪ければ、骨折したりもします。

とはいっても、普段の練習におけるスパーリングでは、そこまではやりません。怪我のしやすい部所、すなわち、スネや肘、膝、そして拳にサポーターを着用します。相手に応じて力を調整したり、手加減します。それゆえ、大人と小学生、あるいは小学生に満たない女の子がスパーリングをすることも可能になります。もちろん、大人の方は、相手を本気で攻撃することはなく、ほとんど受けに回ります。
会社設立を札幌で
設立するならまずはフリーダイヤルへ
バナー広告 デザイン制作
バナー作ります
EMSとUPS
バッテリーはソーラーで環境に優しく
石油ストーブ
北海道全域で対応しております。